重 賞 予 想 回 顧(37)

   第38回  弥 生 賞(GU)予 想

  今年も弥生賞の季節がやってきました。このレースは、クラシックの前哨戦として重要
 な位置を占めると同時に、毎年スターホースが華やかに登場する舞台でもあります。古く
 は【83年】のミスターシービーに【84年】のシンボリルドルフ。この2頭は弥生賞を
 足掛かりに、クラシックの3冠街道を突き進んで行くことになります。そして【87年】
 のサクラスターオーに【88年】のサクラチヨノオー。さらには【90年】のメジロライ
 アンに【93年】のウイニングチケット。【95年】のフジキセキは、このレースを最後
 にターフを去りました。【96年】のダンスインザダーク【98年】スペシャルウィーク
 も記憶に新しいところ。さて今年も一体どのようなスターホースが登場するのか、固唾を
 飲んで見守ろうと思います。
  そこで本命にする馬ですが、前走ラジオたんぱ杯1着のアグネスタキオンを指名しま
 した。デビュー戦では、4角ひとマクリの上がり33秒8という驚愕の内容。さらに前走
 は、クロフネやジャングルポケットを子供扱いにする圧勝劇で、走破タイムも2分0秒8
 のレコードというおまけ付き。中間の状態も、仕上がり過ぎが心配されるほど充実してい
 るようで、今回中山の重馬場でも十分に対応できると見ています。馬券に関係なく、どの
 ような走りを見せるのか大注目です。
  そして対抗にする馬ですが、前走京成杯1着のボーンキングをピックアップしました。
 前走は、スローの流れを中団で折り合い、4角で大外を回っての快勝劇でした。もちろん
 鞍上ハリソン騎手の好騎乗もあったと思いますが、それでも実力馬の片鱗は十分に見せた
 と思います。アグネスタキオンには、デビュー戦で完敗していますが、馬場の悪化が予想
 されているだけに、展開次第では逆転の目もあると見ています。同レースに絶対の自信を
 持つ武豊騎手だけに要注意。
  また3番手にする馬ですが、前走新馬戦1着のミスキャストをピックアップしました。
 前走は、後方からの展開を上がり34秒6の末脚で差し切り、非凡なところを十分に見せ
 つけました。父がSSに、母はあのノースフライト。血統的に見ても、将来楽しみな一頭
 と期待しています。新馬戦と比べて相手の強化は必至ですが、潜在能力においては見劣り
 しないと思っています。今回は、回避馬が続出する中での出走ということで、厩舎サイド
 の自信が伝わってきます。
 第38回  弥 生 賞(GU)枠 順 確 定
予想馬名性齢騎手斤量コメント
@アグネスタキオン牡3河 内55前走ラジオたんぱ杯1着新世紀の主役登場
Aニシノフェニックス牡3田中勝55前走500万2着一発の可能性は十分ある
Bボーンキング牡3武 豊55前走京成杯1着逆転の可能性は十分にある
Cミスキャスト牡3横山典55前走新馬戦1着今回の走りが試金石で注目
Dデルマポラリス牡3村 田55前走新馬戦1着期待のメジロパーマー産駒
Eハリケーンルドルフ牡3小 野55前走セントポーリア賞6着変り身があれば
Fマンハッタンカフェ牡3蛯 名55前走新馬戦1着で未知の魅力がある一頭か
Gダイイチダンヒル牡3柴田善55前走若駒S2着実力馬で一発の可能性ある
【3月4日 芝2000b 3歳オープン馬齢 中山】
【本線】1−3、1−4、1−8

【結果】
 1着 @アグネスタキオン
 2着 Bボーンキング
 3着 Cミスキャスト
 単@ 120円 複@100円B120円C200円
 枠連1−3 200円
 ※8頭立ての為、馬連・ワイドの発売はありません。
優勝したアグネスタキオンは、単勝支持率64.9%の1.2倍と圧倒的な支持を集め る中、道中は3番手で折り合い、直線に入るとケタ違いの脚力で圧勝しました。これで クラシック第1弾の皐月賞に王手をかけるとともに、3冠の夢も現実的になってきたと 思います。今回は2ヵ月半ぶりの休み明け、初の長距離輸送、不良馬場というハンデを クリアしたことも大きなプラス材料になりました。2着のボーンキングは、道中2番手 と積極的な競馬で見せ場を作りましたが、4コーナーでタキオンに並ばれた時点で勝負 は終わっていました。3着のミスキャストは、ゴール前でよく伸びていて皐月賞の出走 権を獲得。今後に向けて期待の出来る一頭かと思います。馬券の方は、馬連・ワイドの 発売が無いので、今週は見るだけとなりました。ちなみに1〜5着まで、サンデーサイ レンス産駒の独占状態。95年から続く同産駒の連続連対記録も7に伸ばしました。

   第18回  フ ェ ブ ラ リ ー S(GT)予 想

  2000年11月25日、ジャパンCの創設から19年目にして、日本のダート界にも
 国際レースが誕生しました。第1回ジャパンCダート。そのレース内容は、まさにダート
 新時代の幕開けに相応しい「ハイレベル」な争いとなりました。優勝したウイングアロー
 の勝ちタイムは、2分7秒2のJRAレコード。米国から参戦した強力な先行馬の走りも
 深く印象に残るものでした。もちろんダート競馬が年々レベルアップしているのは間違い
 なく、近年は距離に関係なくスピードも求められ、単なるパワー型では通用しない厳しい
 時代に入ってきていると思います。今回のフェブラリーSも、東京コース独特の手に汗を
 握る見応え十分の競馬に期待したいと思います。
  そこで本命にする馬ですが、前走JCダート1着のウイングアローをピックアップし
 ました。もちろん、昨年のフェブラリーS、JCダートを制した最優秀ダートホースで、
 名実ともにダート界の頂点に立った印象を強く持ちました。心配な点は、休み明けの実戦
 と、今年の場合はドバイWCも視野に入っていること。ただし、中間の乗り込み量は十分
 で、東京のダート戦は3戦全勝という成績。鞍上の岡部騎手も東京コースには絶対の自信
 を持っているだけに、ここは軸馬に指名。
  そして対抗にする馬ですが、前走根岸S2着のサンフォードシチーをピックアップし
 ました。前走は後方待機の展開から、直線では馬群を割って伸びてくる力強い競馬を見せ
 つけました。もちろん、乗り込み不足が懸念された状態で出した結果だけに、本番に向け
 て関係者も自信を持ったと思います。父がヤマニンゼファーで、東京マイル戦は2戦2勝
 のベスト条件。中間の状態も根岸S以上とのことで、今回ウイングアロー逆転の可能性は
 かなり高いと見ています。
  また3番手にする馬ですが、前走根岸S4着のゴールドティアラをピックアップしま
 した。昨年のJCダートは、放馬しての競走除外。前走も道中落鉄のアクシデントがあり
 まともに走っていない状況。それでも積極的な先行策で、早い流れに対応しての4着は、
 十分に評価のできる内容だったと思います。距離的にもマイル戦は守備範囲で、前回一度
 叩いた変り身も期待できると見ています。展開さえハマれば、ゴール前一気の末脚で突っ
 込んでくる可能性は大。
 第18回  フ ェ ブ ラ リ ー S(GT)枠 順 確 定
予想馬名性齢騎手斤量コメント
@ファストフレンド牝7蛯 名55前走川崎記念2着GT制覇の可能性は高い
Aレイズスズラン牡7北 村57前走全日本サラC5着伏兵馬として要注意
Bマンボツイスト牡6四 位57前走平安S1着展開次第でGT制覇もある
Cビーマイナカヤマ牡7鹿 戸57前走根岸S8着調子が戻っていれば上位も
Dイーグルカフェ牡4田中勝57前走根岸S10着マイル戦で復活の可能性
Eウイングアロー牡6岡 部57前走JCダート1着2連覇へ向け視界良好
Fアローセプテンバー牡6張 田57前走東京大賞典3着展開ハマればチャンス
Gサンフォードシチー牡6村 山57前走根岸S2着GT制覇へ向けて虎視眈々
Hゴールドティアラ牝5後 藤55前走根岸S4着叩き2戦目でチャンス到来
Iタマモストロング牡6横山典57前走川崎記念5着流れに乗ればチャンスも
Jナショナルスパイ牡7佐々竹57前走川崎記念4着で軽視のできない実力馬
Kワールドクリーク牡6的 場57前走平安S13着で今回古豪の復活なるか
Lノボジャック牡4江田照57前走すばるS1着実力馬で要注意の一頭か
Mプリエミネンス牝4柴田善55前走TCK女王盃6着変り身あれば上位も
Nノボトゥルー牡5ペリエ57前走根岸S1着で一発の可能性は十分ある
Oトゥザヴィクトリー牝5武 豊55前走阪神牝馬特別1着で今回楽しみな一頭
【2月18日 ダート1600b 4歳上オープン定量 東京】
【本線】E−G、E−H、G−H
【中穴】@−E、E−N、E−O
【大穴】@−G、G−N、G−O

【結果】
 1着 Nノボトゥルー
 2着 Eウイングアロー
 3着 Oトゥザヴィクトリー
 単N 1040円 複N330円E170円O280円
 枠連3−8 840円 馬連E−N 2130円
 ワイドE−N 920円 N−O 1330円 E−O 920円
優勝したノボトゥルーは、前半1000b59秒1のペースの中、道中9番手と中団で 折り合い、直線に入ると絶妙のタイミングでスパート。ゴール前では、鋭い末脚で他馬 を圧倒する快勝劇でした。今回のペリエ騎手の好騎乗は、高く評価されると思います。 2着のウイングアローは、レース直前に再検量のアクシデントがありましたが、それで も実力馬の片鱗は十分に見せたと思います。来月のドバイWCに向けても十分に見通し が立ったと思います。3着のトゥザヴィクトリーは、直線早目の仕掛けで見せ場を作り ましたが、やはり最後の詰めがあと一歩。4着のサンフォードシチーは、道中の位置と 追い出しのタイミングが敗因か。1番人気のプレッシャーもあったと思います。5着の ゴールドティアラは、また落鉄があったようで、今後は何らかの対応も必要か。馬券の 方は、とりあえず△−◎の中穴的中ということで、配当的には満足しています。

   第35回  共 同 通 信 杯(GV)予 想

  サラブレッドの歴史は、17世紀初頭に英国人が東洋種の牡馬を輸入して、在来の牝馬
 に配合させたことに始まります。18世紀半ば頃になると、繁殖目的で輸入された東洋種
 は200頭以上いたそうですが、そのうちの約半数の血統はすぐに消滅。さらに、世代を
 重ねていくうちに、ほとんどの種が姿を消し、現代までに直系の子孫を残しているのは、
 僅か3頭だけとなりました。サラブレッドの語源は、【Thorough=徹底的に】+
 【bred=品種改良されたもの】ということで、過去300年にわたり、改良・淘汰さ
 れてきた歴史がよく分かります。今週も血統のドラマに思いを寄せながら、クラシックの
 前哨戦を楽しみたいと思います。
  そこで本命にする馬ですが、前走ラジオたんぱ杯2着のジャングルポケットを指名し
 ました。新馬戦、札幌3歳Sでは、朝日杯3歳S2着のタガノテイオーを力でねじ伏せ、
 札幌の千八を0秒7も更新するコースレコードも樹立。前走のラジオたんぱ杯では2着と
 敗れましたが、放牧明けで乗り込み不足のことを考えると十分に及第点は付く内容だった
 と思います。今回は中間の状態も絶好調のようで、休み明け好走後の反動さえなければ、
 軸馬の座は不動と見ています。
  そして対抗にする馬ですが、前走ホープフルS1着のスイートゥンビターを指名しま
 した。前走は、終始インコースを回っての快勝劇。時計に関しては、2分4秒台と平凡な
 タイムでしたが、そのレースセンスは将来性を十分に感じさせるものでした。流れが緩や
 かになり、直線での瞬発力勝負に持ち込めば、逆転の可能性は相当に高いと見ています。
 松山調教師は、ミスターシービーの再来とコメントを出しているようで、東京コースでの
 走りが楽しみになってきました。
  また3番手にする馬ですが、前走朝日杯3歳S6着のエイシンスペンサーを指名しま
 した。前走は2番人気に推されながらも、流れに乗れずに馬群に沈みました。デビュー戦
 では、あのクロフネを差し切っているだけに、潜在能力に関しては非凡なものを持ってい
 ると思います。東京千八のコース経験があるのも大きなプラス材料で、今回中山開催から
 東京開催に替っての一変は十分にあると見ています。追い切りでも古馬オープン級を圧倒
 しているようで、重賞制覇の期待は膨らみます。
 第35回  共 同 通 信 杯(GV)枠 順 確 定
予想馬名性齢騎手斤量コメント
@ゴッドオブチャンス牡3柴田善55前走福寿草特別11着流れに乗れば上位も
Aスイートゥンビター牡3後 藤55前走ホープフルS1着未知の魅力がある馬
Bダンシングカラー牡3松永幹55前走さざんか賞1着可能性は十分ある一頭
Cメイショウドウサン牡3安田康55前走朝日杯3歳S4着調子が戻っていれば
Dメジロキルデア牡3吉 田55前走若竹賞1着伏兵馬として要注意の一頭
Eカチケンザン牡3村 田55前走未勝利戦1着展開次第で上位の可能性
Fエイシンスペンサー牡3四 位55前走朝日杯3歳S6着展開ハマれば上位も
Gジャングルポケット牡3角 田56前走ラジオたんぱ杯2着今回の走りに注目
Hシングンオペラ牡3張 田55前走若竹賞7着で意外性は十分にある一頭
Iチアズブライトリー牡3藤 田55前走中京3歳S1着軽視のできない実力馬
Jカシマサキモリ牡3田中勝55前走ジュニアC12着で穴馬として注意か
Kプレジオ牡3ペリエ55前走京成杯4着実力馬で大駆けの可能性も
【2月4日 芝1800b 3歳オープン別定 東京】
【本線】A−G、F−G、A−F
【中穴】G−K、A−K、F−K
【大穴】G−I、A−I、F−I

【結果】
 1着 Gジャングルポケット
 2着 Kプレジオ
 3着 Aスイートゥンビター
 単G 140円 複G100円K170円A180円
 枠連6−8 550円 馬連G−K 610円
 ワイドG−K 290円 A−G 280円 A−K 580円
優勝したジャングルポケットは、前半1000b60秒3のペースの中、道中6番手と 好位置キープし、ゴール前では鋭く抜け出して圧勝しました。直線の半ばまでは、鞍上 の角田騎手も持ったままで、残り200bで右ステッキ一発。一気に前へ出る時、急激 に内へヨレるなど、まだまだ幼い部分も残っていますが、春のクラシック戦線に向けて 厩舎サイドも大きな自信につながったと思います。2着のプレジオは、道中7〜8番手 と折り合い、直線でも伸びてきましたが、最後の詰めがあと一歩。3着のスイートゥン ビターもよく粘っていると思いますが、今後は馬込みでのレース経験が必要か。今年の 場合は、ダービーに外国産馬の出走が可能なだけに、東京コースの経験はプラス材料。 今回馬券の方は、◎−注の中穴的中でしたが、配当が610円ということで、もちろん マイナス収支という結果でした。

   第42回  A J C C(GU)予 想

  このAJCCは、1960年に日米友好を目的とし、ニューヨーク・ジョッキークラブ
 から優勝杯が贈られて第1回の競走が行われたそうです。当時は2000bのハンデ戦で
 したが、84年の番組改変から2200bの別定戦に落ち着き、その後は春の天皇賞や、
 宝塚記念に向けての重要なステップレースとなりました。レースの傾向としては、重賞の
 連対経験は必須事項で、2200b以上の距離経験も重要なデータ。また12月〜1月期
 に一度叩いていることもプラス材料で、厳冬期だけに前走で大敗している馬の巻き返しは
 苦しい状況。ただし、今回はGTクラスの馬が出走していないだけに、上がり馬にも十分
 チャンスがあり、天候や開催最終日による馬場状態の悪化を考えても、波乱の目は大いに
 含まれていると思います。
  そこで今週本命にする馬ですが、前走有馬記念3着のダイワテキサスをピックアップ
 しました。やはり有馬記念で0秒1差の3着は、年齢的な疑問を払拭させる好走だったと
 思います。問題は、前走からの反動と59`の斤量ですが、メンバー的にも1〜2`の差
 は、この馬の能力で十分にカバーできると見ています。追い切りのズブさも年齢的なもの
 で、本番での一変に期待。鞍上に迎えた武豊騎手も大きなプラス要因で、その手綱さばき
 に賭けてみたいと思います。
  そして対抗にする馬ですが、前走有馬記念6着のアメリカンボスをピックアップしま
 した。有馬記念では積極的な先行策で直線でも粘っていることから、この馬の能力は十分
 に出し切ったと思います。中山コースでの勝ち星はありませんが、好位キープで抜け出す
 競馬を相手なりにできる一頭。時計が掛かる馬場も、この馬にとっては問題なし。中間の
 追い切りも絶好調のようで、ここは厩舎サイドも一発を狙っていると思います。父キング
 マンボのスピードとパワーが炸裂するか。
  また3番手にする馬ですが、前走有馬記念15着のゴーイングスズカを指名しました。
 前走の惨敗は、3〜4コーナーで挟まれる大きな不利があったので度外視。昨秋の福島で
 の充実ぶりは目を見張るものがあり、年を越えてもその状態は好調を維持している模様。
 脚質的にも時計の掛かる馬場で能力を発揮するタイプだけに、今回は大駆けも十分に期待
 できると思います。相手関係を見て、先週の日経新春杯をパスして挑戦する橋田調教師の
 作戦が吉と出るのか。馬券的にも狙える一頭。
 第42回  A J C C(GU)枠 順 確 定
予想馬名性齢騎手斤量コメント
@スエヒロコマンダー牡6中 舘57前走京都金杯7着展開ハマればチャンスも
Aリワードフォコン牡4後 藤56前走中山金杯16着で流れに乗れば上位も
Bコスモブレイザー牡6岡 部57前走グッドラックH1着意外性は十分ある
Cゴーイングスズカ牡8芹 沢58前走有馬記念15着で可能性は十分にある
Dロードプラチナム牡5蛯 名57前走ステイヤーズS5着重賞の常連要注意
Eダイワテキサス牡8武 豊59前走有馬記念3着で重賞制覇へ視界良好か
Fミッドナイトベット牡7田中勝59前走中山金杯7着で軽視のできない実力馬
Gマリアジュダムール牡7小林淳57前走ディセンバーS8着調子が戻れば上位
Hフサイチドラゴン牡5横山典57前走東雲賞1着で穴馬として要注意の一頭
Iアメリカンボス牡6江田照57前走有馬記念6着AJCC制覇へ虎視眈々
Jショウナンハピネス牝6ハリソン555ヵ月休養明け調子が戻っていれば上位も
Kダイワオーシュウ牡7柴田善57前走中山金杯12着で変り身があれば上位
Lジーティーボス牡4吉 永56前走中山金杯9着展開次第で上位も狙える
【1月21日 芝2200b 4歳上オープン別定 中山】
【本線】E−I、C−E、C−I
【中穴】D−E、D−I、C−D
【大穴】@−E、@−I、@−C

【結果】
 1着 Iアメリカンボス
 2着 Dロードプラチナム
 3着 Bコスモブレイザー
 単I 460円 複I170円D190円B800円
 枠連4−7 670円 馬連D−I 1150円
 ワイドD−I 510円 B−I 1940円 B−D 2170円
優勝したアメリカンボスは、前半1000b60秒4のペースの中、道中4〜5番手と 好位置キープし、直線では2着以下を2馬身半差ちぎる快勝劇でした。これで同馬は、 エプソムC連覇に続く重賞3勝目。今後の活躍が楽しみになってきました。2着のロー ドプラチナムは、道中7〜8番手と中団から進み、直線に入って見せ場は作りましたが 勝ち馬にはあと一歩及ばず。3着のコスモブレイザーは、道中6番手追走から直線でも よく粘って上位進出。能力は出し切ったと思います。今回本命に推したダイワテキサス は、全く精彩を欠いて8着と馬群に沈みました。実際には9歳馬なだけに、今回は有馬 記念激走の見えない疲労があったのか。馬券の方は、とりあえず○−注の中穴的中でし たが、やはり◎の馬が来ないとイマイチの結果ですね・・・。(涙)

 ※お願い。結果欄の配当金と連勝番号は、念のため日本中央競馬会
   発表の成績表と照合して下さい。

 前ページに戻る 次ページに進む

 HOME重賞予想に戻る